鳩対策の重要性~怠った場合の被害~

鳩の対策は怠ると大変なことになります

こんな所に鳩の巣を発見した

ベランダは、鳩対策を行なわなければ巣を作られる可能性があります。ベランダは鳩にとって居心地の良い場所だからです。巣を作られた場合、様々な問題が発生します。ここでは、そんな問題についてお話します。また、日頃からできる対策として、ベランダ掃除を行ないましょう。

鳩の巣が引き起こす被害

大量の鳩の鳴き声がうるさい (30代/男性)

鳩に巣を作られると厄介事しか起きません。糞害も羽も厄介なのですが、何より鳴き声が非常に煩わしいです。数匹で鳴くのでそのうるささに叩き起こされますし、何よりマンションのお隣さんにも迷惑がかかります。撤去しようにも卵を産んでおり、巣立つまで撤去できません。早く撤去するべきでした。

洗濯物を干すと何度も鳩の糞がついてしまう (40代/女性)

鳩がうちのベランダをたまり場にしているようであり、糞の被害が甚大です。洗濯物に糞がついていることが多く、ついていた場合また洗い直しです。しかも人が留守のタイミングを狙って糞をするので非常に腹立たしいことこの上ないです。巣を作られないようにはしていますが、そろそろ本格的な対処が必要かもしれません。

子供が病気になってしまった (30代/男性)

鳩の糞の影響かどうかはわかりませんが、子供が病気になりました。インフルエンザに近い症状だったのですが、お医者さんの診断ではインフルエンザではないといわれました。ネットで症状をチェックした結果、鳩の糞が病気の原因だと判明しました。それ以来、糞の掃除は欠かせません。

鳩には巣に戻ってくる本能がある

鳩対策を早めに行なわなければならない理由の一つに、鳩の習性が関係しています。鳩は強い帰巣本能を有しており、一度気に入った場所に巣を作ると、巣を撤去しても再び侵入し、巣作りを初めます。そのため、家をよく留守にしがちな家の場合、人がいない間に侵入されることが多いです。よって、鳩対策は万全にする必要があります。

巣ができた場合は鳩対策業者に相談

女性

鳩対策が遅れて鳩がベランダに巣を作ってしまった場合、業者に相談することを推奨します。業者に依頼することで、より的確な鳩対策を取ることができるからです。

鳩対策を行なう業者の対応

鳩の巣を撤去する
鳩は、鳥獣保護法により保護されています。そのため、鳩を傷つけて駆除を行なうのは法律違反になってしまいます。しかし、素人だと巣を撤去する際に鳩を傷つけてしまうおそれがあるので、鳩の巣の撤去を行なう場合はプロに依頼をして的確かつ安全に撤去してもらいましょう。なお、卵を産んでいた場合、巣は撤去できなくなるので早めに対策を心がけましょう。
ベランダの清掃を行なう
鳩の巣は、場合によっては撤去や掃除が難しい場所に作られることがあります。そうなると個人で行なうのは極めて困難です。しかし、業者ならば掃除が難しい場所の掃除もスムーズに行えるので、汚れ一つない綺麗なベランダに戻してくれます。綺麗に掃除することで鳩の糞による病気感染や害虫の発生も防ぐことができます。
鳩が巣を作らないように対策する
前述したように、鳩は帰巣本能が強い生き物であり、巣を撤去したり、ベランダをきれいに掃除したりするだけではいずれまた鳩は巣を作ろうとします。よって、鳩対策は鳩を追い出すだけではなく、鳩に巣を作らせない環境にするのも大事なのです。業者は巣の撤去以外にも、鳩の予防に対する知識もあるため、撤去後のアフターフォローも万全です。業者依頼と併せて、自分でもできる対策を実施すると良いでしょう。
TOPボタン